愛を感じるとき

愛とは素晴らしいこと。自分らしい恋愛を。

年齢を重ねるにつれセックスの質は向上

なぜ年齢を重ねるにつれセックスの質は向上していくのか?

f:id:kazuoyize04:20190419101249j:plain

セックスが人体に与える影響は大きく、行為の最中にも体の中ではさまざまな変化が起きており、体の免疫機能が向上したり偏頭痛が軽減したりと人体にとって良い効果を複数得られることもわかっています。そんなセックスは「年齢を重ねるにつれて質が向上していく」ことが、研究により明らかになっています。

Sexual Quality of Life and Aging: A Prospective Study of a Nationally Representative Sample. - PubMed - NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27798838

Why sex gets better in older age
https://theconversation.com/why-sex-gets-better-in-older-age-69837

f:id:kazuoyize04:20190419101355p:plain

人間は年を重ねるにつれて仕事に精通し、財政管理の術を身につけ、愛する人との絆を深めていきます。時間の経過と共にビジネス・プライベートの両面でさまざまなスキルが洗練されていくわけですが、一方で過去の研究では「性生活の質は年を取るにつれて悪化していく」とされていました。

「セックスは若者の専売特許」と考える人もいますが、実際には老年期に入ってもセクシュアリティを探求し続ける人も多く、アメリカでは60歳以上の男女の大多数が性的に活発で、月に2~3回の性交渉を行っているというデータもあります。なお、60歳以上の月2~3回性交渉を行うという数字は、ほとんどの若者よりも多く性交渉を行っているということになります。加えて、高齢層はセックスを人生の重要な部分と評価しているそうです。

性交渉の回数が少なくない場合、何が高齢者の性生活の質を悪化させているのでしょうか。この理由が高齢化に伴う身体的健康および性機能が低下で説明できることは明らかです。しかし、実は性生活の質が低下していない可能性もある、と海外メディアのThe Conversationは記しています。

f:id:kazuoyize04:20190419101443j:plain

性と老化に関する研究では、「時間の経過による変化」という重要な要素を見落としがちであるとのこと。1930年代に生まれた人と、1960年代から70年代にかけて起きた性の革命の後に生まれた人とでは、性生活に対する考え方が大きく異なってしまうことはしかたがなく、そういった異なるバックボーンを持つ人々を同じ尺度で比べることこそ間違いであるとThe Conversationは指摘しています。

そんな加齢が性生活の質にどのような影響を及ぼしているかについて知るのに役立つ、20~93歳までの被験者6000人以上を18年間にわたって追跡調査した研究が存在します。この研究では1995年、2004年、2013年の3回にわたって被験者にアンケート調査を実施し、アンケートでは0から10の11段階評価で、自身の性的側面を自己評価してもらっています。

f:id:kazuoyize04:20190419101530j:plain

他の要因を考慮に入れずに分析すると、データは被験者の性生活の質が年齢と共に低下していることを示しているとのこと。しかし、研究に参加した人々は、年を取るにつれて性交渉の量よりも質を重視するようになっていることがわかったそうです。例えば、性交渉の回数は加齢とともに重要度が低くなっていきますが、性交渉に対する思考や努力の量はより重要視されるようになっているとのこと。

加齢と共に起きる性生活における優先順位の変化は、高齢者の性生活の質における重要な予測因子であり、性生活の質の低下を緩和しているようにもみえるそうです。また、社会人口学的特徴、精神的・身体的健康と共に、性生活における主要な特性を各年齢層ごとに比較したところ、高齢者の方がより良い性生活の質を確保していることが明らかになっています。例えば、同性愛者として性生活に同程度の思考・努力を注ぎ、過去1年間に性交渉の頻度および性的パートナーの数も同じであるという40代の男性と50代の男性を比較した場合、50代の男性の方が「性生活の質が高い」と報告することが予想されるとのこと。

つまり、時間の経過と共に自分の性的し好やパートナーの性的し好を学ぶことで、年齢を重ねるごとに改善されていく仕事のスキルや財政管理術などと同じように、セクシュアリティにおいても改善がみられることが調査から明らかになったわけです。

f:id:kazuoyize04:20190419101617j:plain

これらの知見を合わせると、加齢と共に性的優先順位が変化し、加齢に伴う性生活の質の低下から身を守るための知識・スキル・性的し好が発達することが示唆されています。知恵とは「質の高い経験、知識、良い判断力を持つこと」を指すので、これらの研究結果は「人生経験により性的知恵を蓄えている」と言い換えることもできるかもしれない、と研究者は記しています。

満足のいく性生活は、年齢に関係なく健康および幸福にとって重要な要素であることが明らかになっているため、この結論は誰にとっても素晴らしいものといえます。